遺言書依頼の流れ

弁護士事務所ですが、これは弁護士法上は法律事務所となっています。日弁連並びに各都道府県の弁護士会に所属をしていて、弁護士の登録をして且つ会費等を納付している弁護士でなければ、当該事務所は運営できません。また、弁護士の資格を維持するために掛かる費用ですが、高額とされているので相談をする場合は基本的に有料となっています。

弁護士に対して相談をする料金ですが、三十分当たり五千円となっています。ただ、弁護士事務所では、初回の法律相談や依頼を弁護士が運営している事務所の自社サイトでオンライン受付をする場合は無料であり、初回の相談に関しては無料としている所は少なくありません。

弁護士が立ち会った場合の遺言書の作成ですが、法律の専門家が作成した方が無難とされています。その理由ですが、遺言書の内用が不明確とされる事がかなり多いです。法律の知識が無い人でも、公正証書だけでなくて当事者が公証人の立会いの下で遺言書は作れますが、専門家に依頼した方がやはり無難といえます。 また、遺言が円満に成立した場合に弁護士に対して納付しなければならない報酬ですが、分納は可能となっています。因みに、法テラスを活用すると弁護士費用等が安く済む場合が多いので、相続について問題を起こしたくない人であれば利用をすると良さそうです。 因みに、遺言書の作成は弁護士がする事になりますが、公証人の立会いは法律上は必須となっています。なお、封印の在る遺言書ですが、これは家庭裁判所において相続人やその代理人の立会いがなければ開封はできません。