費用はどれくらい?

遺言書の作成を弁護士へ依頼する場合、費用としては最低でも20万円前後となっています。最高では、三百万円となっています。費用がかなり気になるものの、弁護士が絡む相続における法律の問題としては、遺産分割の仕方に関する事、遺言書に関する事、相続放棄に関する諸問題となっています。

特に、相続の放棄に関する問題ですが、単純承認と限定承認、というものが在ります。前者は、財産だけでなく債務も全て負担する事ですが、後者に関しては債務は放棄して財産のみを相続する場合となります。相続放棄ですが、権利だけでなく債務も全て放棄する事ですが、この場合は弁護士に依頼をした方が良さそうです。 因みに、遺言書の作成ですが、弁護士以外にも依頼をする事は可能です。

弁護士以外の法律の専門家としては、司法書士や行政書士がいます。費用ですが、7~15万円程度となっています。行政書士の場合、遺言書の作成は業務として法的に認められており、不動産名義の変更であれば司法書士に依頼する事になります。 また、遺言書の作成ですが、費用の面が気になる場合であれば、弁護士でなくて信託会社等に依頼をしてみると良さそうです。費用としては、30~100万円程度となっています。